瑛太、玉山鉄二、青木崇高がバカぶりを競う? - 『銀色のシーズン』舞台挨拶

鈴木さとみ
 

12日、都内にて映画『銀色のシーズン』の初日舞台挨拶が行われた。主演の瑛太を筆頭に、玉山鉄二、青木崇高、田中麗奈、佐藤江梨子、田中要次、國村隼ら主要キャストと監督の羽住英一郎が観客の前に登場した。

写真前列左から、青木崇高、田中麗奈、瑛太、玉山鉄二
後列左から、田中要次、佐藤江梨子、國村隼、羽住英一郎監督

『銀色のシーズン』は、『海猿』シリーズの羽住監督による最新作。この作品では、雪山で自由奔放な日々を過ごしているバカ3人組"雪猿"たちの、華麗なスキーアクションや恋愛模様が描かれる。

雪山を舞台に、様々なドラマやアクションが展開する

元モーグル選手の城山銀を演じた瑛太は「撮影の時は暖冬で雪がなく、朝早くからスタッフの方々が雪をかき集めてくれた」と撮影の苦労を語った。雪猿一番のお調子者、神沼次郎を演じた青木は巨大なアフロのカツラを被り舞台に登場。劇中のセリフ「レディ~、ゴー!」を舞台で披露し、銀と次郎が憧れる小鳩祐浩を演じた玉山を苦笑させていた。

羽住監督は「撮影中は主演の3人に良い意味で『バカになって演じろ』と言い続けた。損得勘定なしで困難な事に挑戦したりするのは、バカだけど素敵な事だから」とコメント。ヒロイン綾瀬七海役の田中は「撮影中『瑛太君、天然だね』って言ったら、『天然って何?』と瑛太君に言われた(笑)」と瑛太のバカなエピソードを披露。雪山旅館の仲居の北原エリカ役の佐藤も「玉山さんも凄くかっこいいのに、撮影中はあり得ないほどバカで天然でした(笑)」と劇中同様にバカな雪猿たちの素顔を語った。

雪山結婚直前の七海(田中)と、彼女にスキーを教える銀(瑛太)

舞台挨拶でも劇中同様の愛すべきバカぶりを披露した雪猿たち。最後に瑛太が「日本中のみなさんに、この映画が届いて、沢山のことを感じていただけたら嬉しいです」とアピールした。『銀色のシーズン』は日劇2ほかにて全国ロードショー中。

雪猿に見立てた銀色のだるまに目玉を描き入れる瑛太。しかし失敗して共演者に責められる

(c)2008 フジテレビジョン/ROBOT/東宝/電通

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー

本音ランキング