組み込みLinuxの起動時間を短縮する「TP InstantBoot」のARM対応版が発売

 

トライピークスは、組み込みLinuxの起動時間を短縮する「TP InstantBoot」のARM対応版「TP InstantBoot Version 1.0 for ARM architecture」を発売した。

「TP InstantBoot」は、Linuxカーネルやアプリケーションにほとんど修正を加えることなく、システム全体の起動時間を短縮するもの。システムのメモリ状態やCPUのレジスタ状態などをスナップショットイメージとして保存。デバイスの電源投入時にこのイメージからシステムを復元することにより、カーネルだけでなくアプリケーションの起動時間も短縮できる。

Linux(Linux Kernel 2.6.22、ブートローダはU-Boot 1.2.0)を搭載したパイロン製のARM9ボード「Bishop PE-201A」を使い、ブートローダから組み込み向けウィンドウシステム(Nano-X)表示までの時間を測定したところ、通常のLinux起動シーケンスでは約14秒かかったところを、本製品を使用することで起動時間を約7秒までに短縮できたという。

なお、「TP InstantBoot」はMIPS版、x86版、Power Architectureテクノロジ版がすでに出荷されている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

若槻千夏、先輩タレントに意地悪された過去暴露「今でも活躍している方」
[09:19 9/26] エンタメ
ソニーの新たな旗艦拠点 - 銀座ショールーム&ストアのオープニング舞台裏
[09:05 9/26] スマホとデジタル家電
SNS使いが上手い!要注目の食品・飲料系Webキャンペーン事例5選【2016年9月】
[09:01 9/26] 企業IT
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第1回 現在、認証基盤に何が求められているのか? YubiKeyが切り拓く近未来の認証環境
[09:00 9/26] 企業IT
【特別企画】著名な車メーカーのブランドをも傾ける!? スマートカーのハッキング対策の勘所とは - ペンタセキュリティ
[08:30 9/26] 企業IT