ブリヂストン、サーキット指向の「POTENZA RE-11」を発売

ブリヂストンは、ポテンザ(POTENZA)ブランドの新商品として、速さと楽しさを追求したタイヤ「ポテンザ RE-11」を2008年3月1日より発売する。発売サイズは30シリーズから60シリーズまでの全31サイズ。価格は全てオープン。

ポテンザ RE-11

「ポテンザ」はブリヂストンの販売するタイヤの中でもっともスポーツ指向の強いブランドであり、世界的なハイパフォーマンス・スポーツカーの新車装着承認が多いだけでなく、モータースポーツの世界でも強く支持されている。

今回発売される「ポテンザ RE-11」の特長はおもに3つ。まずアウト側をスクエア形状、イン側をラウンド形状とした非対称形状とすることで、コーナリング時の接地性が向上。これでタイヤ接地面の温度上昇が均一になり、限界でのグリップ性能ととコントロール性が向上したという。

ふたつめは、F1やGP2(F1世界選手権の下に位置するカテゴリーのレース)のウェットタイヤ用に開発されたステルスパターン技術を市販用タイヤに初めて採用した「シームレスステルスパターン」とした。これによりパターン剛性を最適化し、旋回性が向上。また、ハイドロシミュレーション技術を駆使し、センター溝をワイド化。ウェット路面での高い運動性能も実現している。

そして添加剤を配合したRE-11専用のコンパウンドを新開発。操舵時のレスポンスとコーナリング時のハイグリップ(高いレベルのグリップ)を達成。また、非対称形状、シームレスステルスパターンの効果により、周回を重ねても高い走行性能が持続。「RE-01R」以上にサーキット走行を長く楽しめるとしている。

また、同社の資料にはRE-01Rとの性能比較も掲載されているが、それによると80km/hからのウエットブレーキで制動距離が0.8m短縮し、同50%摩耗時では1.9mも短縮している。またエビスサーキットのラップタイムでは、平均で1.19秒、最速タイムでは1.19秒短縮している。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事