SSD搭載モデル、光学ドライブ非搭載モデルも登場! 東芝「dynabook SS RX1」

 

東芝は17日、12.1型ワイドWXGA(1,280×800ドット)液晶を搭載した2スピンドルモバイルノートパソコン「dynabook SS RX1」4モデルを発表した。12月21日に発売される。

SSD搭載モデル、光学ドライブ非搭載モデル、Officeプリインストールモデルなどが用意された「dynabook SS RX1」

dynabook SS RX1は、光学ドライブを搭載しながらも最薄部19.5mm、軽量バッテリ「バッテリパック2900」装着時の重量863gと世界最薄・最軽量(光学ドライブ搭載の12.1型ワイド液晶搭載PCとして・同社調べ)を実現しているのが大きな特徴だ。ラインナップは、64GBフラッシュメモリドライブ搭載モデル「RX1/T9E」、Microsoft Office Personal 2007 with Microsoft Office PowerPoint 2007プリインストールモデル「RX1/T8E」、80GB HDD搭載のスタンダードモデル「RX1/T7E」、光学ドライブ非搭載モデル「RX1/S7E」の4モデル。いずれもWindows Vista Businessがプリインストールされているが、RX1/T8E、RX1/T7E、RX1/S7Eの3モデルについてはWindows XP Professionalリカバリディスクが付属する。

全モデルでインテル Centrino Duo プロセッサー・テクノロジーを採用したほか、メモリを2GBに強化してパフォーマンスの向上を図っている。また、新たにIEEE802.11n draft 2.0対応の無線LANを搭載し、3本の無線LANアンテナを液晶ディスプレイ上部に横一列で実装して最大約300Mbpsの高速な通信速度を実現している。

堅牢性の高さも特徴のひとつで、ドイツの認証機関「TUV Rheinland Group」において100kgfの面加圧耐久試験を実施し、LCDカバー全面に均一に100kgfの圧力を加えてLCDパネルが割れないこととその直後に電源を入れてOSが正常に起動するかを確認する試験と100cc浸水試験を実施し、いずれもクリアしている。

本体サイズは283.0(W)×215.8(D)×19.5~25.5(H)mm。ギガビットLAN、指紋センサ、IEEE1394などを備える。

dynabook SS RX1

RX1/T9E RX1/T8E RX1/T7E RX1/S7E
CPU Core 2 Duo U7600
チップセット PM945GMS Express
グラフィック GMA950
メモリ 2GB(1GB×2)
HDD 64GB SSD 80GB
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ なし
OS Windows Vista Home Premium
重量 983g 1094g 1014g
バッテリ駆動時間 12.5時間 11.0時間
税込予想価格 40万円前後 28万円前後 25万円台半ば 23万円前後

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事