ジャガー、歩行者頭部保護装置が輸入車として初めて正式認可

ジャガー&ランドローバージャパンは、「ジャガーXK/XKR」に採用されたエアバッグ式 デプロイアブル ボンネットシステム(歩行者頭部保護装置)が、輸入車として初めて国土交通省の正式認可を受けたと発表した。

ジャガーXK

歩行者頭部保護装置「ジャガー デプロイアブル ボンネットシステム」は、2006年7月に発売開始されたXKに初採用されたもので、車両前部に歩行者が接触するとフロントバンパーに装着された歩行者接触センサーが検知し、エアバッグの展開方法と同様の構造で瞬時(0.03秒)にボンネット後方を約130mm上方に引き上げ、ボンネット下に多くの緩衝領域を生み出すことにより、歩行者頭部の傷害を軽減するシステム。

国土交通省の規定では、ジャガーXK/XKRの歩行者頭部保護対策基準は2012年8月末までに認可を受ける必要があるが、その基準認可期限を大幅に先取りしたもので、輸入車としては初の正式認可を受けることになった。また、2008年5月に日本での発売を予定している新世代ミディアムサイズサルーン「ジャガーXF」には、第二世代のデプロイアブル ボンネットシステムが装着される。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事