ビデオチャットの画質が大幅にアップした「Skype 2.7 Beta for Mac OS X」

Skypeは29日(ルクセンブルク時間)、P2P技術を利用した音声/映像通信ソフトSkypeの最新β版「Skype 2.7 Beta for Mac OS X」をリリースした。動作環境はMac OS X 10.3.9以降、約34MBのディスクイメージは同社Webサイトから無償ダウンロード可能。

今回リリースされたβ版では、ビデオチャット機能を改良。デフォルトの解像度が640×480ピクセルに引き上げられたほか、最大25fpsのフレームレートに対応、画質が大幅に向上した。高解像モード時に最低限必要な帯域幅(アップリンク)は384kbpsとされ、その条件が満たされないときには320×240、さらには160×120ピクセルへと自動的に縮小される。要求されるハードウェアスペックも高く、Intel Core 2 Duoなどクロック数1.25GHz以上のCPUを搭載したマシンが推奨されている。

Mac OS X 10.5 (Leopard)にも正式対応、安定した通信が可能になった。Leopardに対応した安定版「Skype 2.6 for Mac」も、同日リリースされている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事