ソーソー、Fedora 8搭載のオリジナルスリムデスクトップPC2モデルを発表

 

ソーソーは26日、同社のオリジナルLinux PCブランド「LinuxMania」の新製品として、Linuxディストリビューション「Fedora 8」に対応したスリムデスクトップパソコン「LinuxMania 夏目坂モデル」、および同「LinuxMania 夏目坂64」を発表した。価格は7万8,225円、8万2,425円。

Fedora 8は、Fedora 7のアーキテクチャを踏襲しつつ安定性を向上させながらも、Linuxカーネルを2.6.22から2.6.23へと変更している。なお、Fedora 7に標準搭載されているLinuxカーネルのバージョンは2.6.18だったが、LinuxMania 夏目坂では以前から独自にバージョン2.6.22を採用していた。

LinuxMania 夏目坂の仕様は、インテル Core 2 Duo プロセッサー E6750(2.66GHz)、マザーボードはインテル G33 Expressチップセット搭載のインテル「DG33BU」、メモリは1GB容量のPC2-6400 DDR2 SDRAM(1GB×1、空きスロット×3)。グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA 3100を利用する。ハードディスクが500GB容量の7,200回転Serial ATA HDD、日立GST「Deskstar P7K500」、光学ドライブがSerial ATA接続のDVDスーパーマルチドライブI-O DATA「DVR-SN18GLV」。その他はギガビットLAN、IEEE1394aなど。OSはFedora 8。本体サイズは99(W)×425(D)×336(H)mm、重量は約8.0kg。

LinuxMania 夏目坂64の仕様は、インテル Core 2 Duo プロセッサー E6750(2.66GHz)、マザーボードはインテル G33 Expressチップセット搭載のインテル「DG33BU」、メモリは2GB容量のPC2-5300 DDR2 SDRAM(2GB×1、空きスロット×3)。グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA 3100を利用する。ハードディスクが500GB容量の7,200回転Serial ATA HDD、日立GST「Deskstar P7K500」、光学ドライブがSerial ATA接続のDVDスーパーマルチドライブI-O DATA「DVR-SN18GLV」。その他はギガビットLAN、IEEE1394aなど。OSはFedora 8 64bit版。本体サイズは99(W)×425(D)×336(H)mm、重量は約8.0kg。

新製品の外観



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス

求人情報