「Xbox LIVE」、全世界の会員数が800万人を突破 - 新サービスも発表

 

マイクロソフトは14日、Xbox 360のオンラインサービス「Xbox LIVE」が、2002年11月15日の北米でのサービス開始から数えて、全世界での会員数が800万人を突破したと発表した。また、12月5日にXbox 360およびXbox LIVEのシステムアップデートを行い、新機能を追加することもあわせて発表した。

Xbox LIVEは、現在26の国や地域において9つの言語でサービスを提供している。11月15日にはサービス開始5周年を迎えることから、これを記念してXbox LIVE会員に11月15日(木)の17時01分から11月17日(土)の16時59分までの48時間、Xbox LIVEアーケードのタイトル『Carcassonne(カルカソンヌ)』が無償で配信される。また、サービス開始時よりこれまで継続的にXbox LIVEだった会員(2003年1月からのXbox LIVE会員)には、500マイクロソフト ポイントを別途進呈するという。

Xbox LIVE マーケットプレースに新メニューが登場

12月5日(水)からは、Xbox LIVEにてシステムアップデートの配信が開始される。今回のシステムアップデートでは、Xbox LIVE マーケットプレースに「Xbox クラシックス」が新たに加わり、Xbox 360にてプレイできる初代Xboxのタイトルを全タイトル一律1,200マイクロソフト ポイントでダウンロード購入が可能。

12月のサービス開始時の日本での配信タイトルは、以下のとおり。

タイトル パブリッシャー
『HALO(ヘイロー)』 マイクロソフト
『クリムゾンスカイ High Road To Revenge』 マイクロソフト
『魔牙霊(MAGATAMA)』 マイクロソフト
『Fable(フェイブル)』 マイクロソフト
『ぷよぷよフィーバー』 セガ

Xbox クラシックスのイメージ画面

なお、Xbox クラシックスのタイトルは、パッケージゲームをフルゲームで配信するため、大半のタイトルが2GBを超える容量となる。そのため、同社ではダウンロードを行う際、Xbox 360用のハードディスク(20GB / 120GB)が必要としている。

新たにタイマー機能を搭載

さらにXbox 360の使用時間制限が可能なファミリータイマー機能も追加される。Xbox 360本体を使用できる時間が、1日毎または1週間毎で設定可能。制限時間に近づくとゲーム画面にポップアップでお知らせが表示され、残り時間を告知する。また、設定した時間を過ぎるとガイド画面が現れ、パスコードで保護された設定を変更しない限り、それ以降の使用ができなくなるという。

ファミリータイマー設定画面

ポップアップで制限時間を教えてくれる

今回行われるシステムアップデートは、Xbox 360ユーザーに対してXbox LIVEおよびXbox.comより無料で提供されるもの。Xbox LIVEユーザーは、Xbox LIVEにサインインすることで、自動的にアップデートされる。詳細は、12月初旬に「Xbox 360 システムアップデート」に掲載される予定。

オプションも追加発売

2008年1月10日(木)には、「Xbox 360 メッセンジャーキット」が発売される。キット内容は、バックライト付きのキーボタンをコントローラーに直接装着できる「Xbox 360 チャットパッド」と、ボイスチャットを楽しむための「Xbox 360 ヘッドセット」を同梱したもの。希望小売価格は3,150円。

Xbox 360 チャットパッド

Xbox 360 ヘッドセット

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」
[19:09 9/26] エンタメ
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー
「怪獣」と「東京」の切っても切れない関係 - 怪獣ファンが見た『空想脅威展』
[19:00 9/26] ホビー

本音ランキング