Red Hat Enterprise Linux 5.1リリース、仮想化機能が大幅に強化

13日、レッドハットはRed Hat Enterprise Linuxの新バージョンである5.1のリリースを発表した。

今回のバージョンアップにおけるもっとも重要な改善は、仮想化機能が大幅に強化されたこと。今後、エンタープライズシステムでの導入が進むと思われるIA64アーキテクチャ上での仮想化をサポートするのみならず、AMD-V(AMDのプロセッサに搭載された仮想化支援技術)での完全仮想化をサポートした。これにより、従来よりも高速、かつ堅牢な仮想化環境を構築することが可能になる。

また、仮想化環境の管理を容易に行うことのできるGUIの搭載や、サービスを稼働させたまま仮想マシンを物理的に移動可能、といった改善が行われたとしている。

他の改善点としては、OSが扱えるファイルシステムのサイズが、従来の8TBから16TBに拡張されたことが挙げられる。

Red Hat Enterprise Linuxの価格は、コアの数に関係なく、物理的なCPUの数でカウントする。各エディションの価格は以下のとおり。

エディション 最大CPU数 価格
Red Hat Enterprise Linux 5.1 2CPU 101,640円~
Red Hat Enterprise Linux 5.1 Advanced Platform 無制限 204,750円~
Red Hat Enterprise Linux 5.1 Desktop 1CPU×25台 288,750円~

なお、上記は、各種サポートを含めた年額のサブスクリプション形式に基づくものであり、すでにサブスクリプションを購入済みのユーザは無償でアップグレードが可能だ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事