TIME誌、2007年最大の発明にiPhone選出

 

米TIME誌は、今年の発明大賞「Invention of the Year」に、iPhoneを選出した。優れたデザイン、タッチスクリーンによる新インタフェースの採用、コンピュータプラットフォームとしての高い性能などが、選出理由に挙げられている。

同誌は、iPhoneが携帯電話としては大きく、操作し難いなどのデメリットがあるとしつつも、AT&Tと独占販売契約が結ばれている点は好評価。通信キャリアからの制約を受けることなく、Appleが自由に革新的な製品開発を行える、これまでにない環境が整えられたと称賛する。

また、価格が高いという批判に対しては、初代iPodが、過去6年間で大きく進化したように、将来的により高性能なiPhoneを低価格で購入可能になることへの期待も表明されている。

人気記事

一覧

新着記事

外出頻度が低い人ほど、認知機能が悪化しやすいことが判明 - 心への影響も
[14:14 9/26] ヘルスケア
セイコー、準天頂衛星「みちびき」スペシャルのGPSソーラー「アストロン」
[13:56 9/26] スマホとデジタル家電
今秋、何キロ減量したい? - 男性は平均7キロ、女性は…
[13:55 9/26] ヘルスケア
皆さんお待ちかね!島本版「Gガンダム」最終巻が発売、レディーゴー!
[13:41 9/26] ホビー
これから取り組むサイバーセキュリティ対策の基礎知識 第1回 知っておきたいWebサイトのセキュリティ
[13:41 9/26] 企業IT