TIME誌、2007年最大の発明にiPhone選出

湯木進悟  [2007/11/02]

米TIME誌は、今年の発明大賞「Invention of the Year」に、iPhoneを選出した。優れたデザイン、タッチスクリーンによる新インタフェースの採用、コンピュータプラットフォームとしての高い性能などが、選出理由に挙げられている。

同誌は、iPhoneが携帯電話としては大きく、操作し難いなどのデメリットがあるとしつつも、AT&Tと独占販売契約が結ばれている点は好評価。通信キャリアからの制約を受けることなく、Appleが自由に革新的な製品開発を行える、これまでにない環境が整えられたと称賛する。

また、価格が高いという批判に対しては、初代iPodが、過去6年間で大きく進化したように、将来的により高性能なiPhoneを低価格で購入可能になることへの期待も表明されている。

人気記事

一覧

新着記事

「銀魂」財布は銀さんや土方など全4種、苺パフェやマヨネーズがアクセント
[23:37 6/26] ホビー
池田乾の「セバスチャン」2作品、最終巻が同時発売!特典も
[23:15 6/26] ホビー
【レポート】「下手くそなりに体を動かして、生駒と一緒にあがきたいです」-『甲鉄城のカバネリ』トークショーに生駒役・畠中祐が登場
[23:00 6/26] ホビー
「キン肉マン」の"完璧・参式"ミラージュマン、新シリーズから初フィギュア化
[22:35 6/26] ホビー
ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー