TIME誌、2007年最大の発明にiPhone選出

 

米TIME誌は、今年の発明大賞「Invention of the Year」に、iPhoneを選出した。優れたデザイン、タッチスクリーンによる新インタフェースの採用、コンピュータプラットフォームとしての高い性能などが、選出理由に挙げられている。

同誌は、iPhoneが携帯電話としては大きく、操作し難いなどのデメリットがあるとしつつも、AT&Tと独占販売契約が結ばれている点は好評価。通信キャリアからの制約を受けることなく、Appleが自由に革新的な製品開発を行える、これまでにない環境が整えられたと称賛する。

また、価格が高いという批判に対しては、初代iPodが、過去6年間で大きく進化したように、将来的により高性能なiPhoneを低価格で購入可能になることへの期待も表明されている。

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー