Leopard用アプリ開発ポータル「Leopard Dev Center」へ無償アクセス可能に

 

Appleは31日、Mac OS X 10.5用アプリケーション開発ポータル「Leopard Dev Center」をリニューアル、ADCオンラインメンバーのログインが可能になった。Leopardのリリース以前は、有償のPremierおよびSelectメンバーに限定されていたが、今回の方針変更により幅広い層の開発者がLeopard用アプリケーションの情報を入手できるようになる。

Leopard Dev Centerで無償提供されるリソースは、各種文書やサンプルコードで構成される「Leopard Reference Library」と、Xcodeの操作方法など開発チュートリアルを収録した「Coding Headstarts」の一部、Leopardの活用方法を記したIT技術者向け文書「Leopard for IT」の3種。WWDC 2007の様子を収録したビデオ映像や、LeopardおよびLeopard Serverの製品DVD-ROMについては、有償メンバーのみ提供される。

人気記事

一覧

新着記事

Googleお役立ちテクニック - Googleドライブでファイルやフォルダを共有する
[00:00 8/30] パソコン
SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー