これぞPrismの真髄! 1対他のWeb⇔デスクトップ変換も - Prismが提案を公開

 

Alex Faaborg氏は29日(米国時間)、Prismのプロジェクトに寄せられた提案をまとめて自身のブログにて発表した。ブレインストーミングの段階であるためすべてのアイディアが実現されるわけではないが、FirefoxやPrismに取り込まれるかもしれないという点を考えるとどれも興味深い。Prismは、24日(米国時間)にMozilla Labsで公表されたものだ。

もっとも興味深いアイディアは、エクステンションやスタイルなどの拡張情報も含めて、Webアプリケーションをデスクトップアプリケーションに変換可能にし、さらにそれをユーザが選択できるようにしようというものだ。

同氏のブログでは、Google Readerを例に挙げ、そのアイディアの概要を説明している。ご存知のとおり、現在は、エクステンションやGreaseMonkeyのスクリプト、CSSによるスタイル指定などのプロファイルを変更することで、Google Readerというサービスをさまざまなかたちにカスタマイズすることができる。同アイデアでは、そのカスタマイズしたGoogle Readerを、そのままデスクトップアプリケーションに変換できるようにしようと考えている。さらに、例えば、プロファイル(エクステンション、GreaseMonkeyのスクリプト、CSSなど)をWeb上で公開するなどして、多くのユーザが同様のアプリケーションを得られる環境を整えたいという。ひとつのWebアプリからいくつもの形が表れる、まさにプリズム(Prism)というわけだ。

想定している変換手順は、Firefoxの"Tools"メニューから"Convert to Application"を選択するだけ。ただし、その変換操作を行う時点で、公開されているプロファイルにアクセスし、生成されるアプリケーションのスクリーンショットや機能リストを表示させ、好みのものを選択できるようにしたいという。もちろんPrismから直接生成する方法もあるだろう。

ほかにも完全にアプリケーションとして独立させるばかりではなく、スタートメニューにショートカットを登録する機能や、スタートアップへ登録する機能、WebアプリケーションをOSの特定の情報と関連付ける機能、ドラッグ&ドロップとの連携性向上、システムトレイとの連携、フレームレスウィンドウへの対応など、OSとの密接な連携を要する機能も要望として挙がっている。さらに、標準化グループをも巻き込んだ通知APIの確立、オフライン機能の向上やCanvas3Dへの対応も課題とされている。

OSとの連携性を向上させるということは、それだけセキュリティ上の危険性も増えることになる。このあたりは利便性との兼ね合いとなるが、Webアプリケーションとデスクトップの融合は非常に魅力的だ。Prismの今後の動向に注目したい。

Webアプリをデスクトップに射影するという発想 - 同じWebアプリでさえも複数の写像を実現するところからプリズム(Prism)というわけだ

Google Readerをアプリに落とし込む場合に表示する実行例 - スタイルを選択して自分ごのみのデスクトップアプリへ。掲載したのはGoogle Readerを使うアプリのひとつの例



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

医師らと共同開発! NY発の機能性バッグを体験できるフェア開催
[10:33 9/30] ヘルスケア
近鉄、スマホなどから会員登録不要で特急券などが購入できる新サービス
[10:30 9/30] 企業IT
フジ社屋や大観覧車・自由の女神も - 臨海副都心全体がピンクにライトアップ
[10:30 9/30] エンタメ
山谷花純、木村拓哉・月9『CHANGE』デビューから9年目での初主演 - 母がくれた"カスミソウの花言葉"を胸に
[10:30 9/30] エンタメ
Google、「Android Wear 2.0」の正式版リリースを来年前半に延期
[10:24 9/30] スマホとデジタル家電

求人情報