デスクトップ検索ソフト「Google Desktop for the Mac」がLeopardに対応

 

米Googleは24日(現地時間)、同社のデスクトップ検索ソフト「Google Desktop for the Mac」のバージョンアップを行い、26日にリリースが予定されているアップルの新OS「Mac OS X v10.5 Leopard」への対応を完了させた。

Mac OS X v10.5 Leopard上でGoogle Desktop for the Macを正常に動作させるには、Mac OS X v10.4 TigerからMac OS X v10.5 Leopardへのアップグレードを行う前に今回リリースされた新バージョンのGoogle Desktop for the Macをインストールしておく必要がある。また、Mac OS X v10.5 Leopardへのアップグレード後にGoogle Desktop for the Macが挙動不審になった場合に備え、トラブルシューティング情報も公開された。

Googleでは、「Google Notifier」や「Picasa Web Albums Uploader」、「SketchUp」、「Earth」といった他のMac OS X向け製品も順次Mac OS X v10.5 Leopard対応を行うとしている。また、GmailとBlogger向けダッシュボードウィジェットのMac OS X v10.5 Leopard対応も明らかにされた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン
KDDI、カメラの使いやすさを追求したシニア向けスマホ「BASIO2」8月5日発売
[20:49 7/28] スマホとデジタル家電
「ポケモンGO」専用のSIMカードを日本通信が発売 - 1,500円で30日か1GBまで
[20:40 7/28] スマホとデジタル家電