米Transmeta、特許侵害訴訟でIntelと和解

 

米Transmetaは10月24日(現地時間)、米Intelに対して起こしていた特許侵害訴訟で和解し、Transmetaの持つ全特許のライセンスを行うことで合意したと発表した。ライセンスされるのは主にLongRunやLongRun2などの省電力技術で、既存ならびに今後10年間にわたりTransmetaが保有する特許が対象となる。IntelがTransmetaに支払うライセンス料は1億5000万ドルで、以後は毎年2000万ドルを更新料として支払う。契約期間は5年間。

同訴訟は、2006年10月にTransmetaがIntelに対して起こしたもの。PentiumならびにCoreシリーズのプロセッサで使用されている省電力技術がTransmetaの特許に抵触していると主張し、Intelに著作権使用料の支払いを求めていた。

人気記事

一覧

新着記事

新たな末柄里恵大好き声優その名は駒形友梨! 新ユニットも明かされた『ミリオンライブ!』in C3TOKYO
[00:43 8/29] ホビー
[NMB48矢倉楓子]「ヤンマガ」グラビアでビキニ披露 選抜ネクストガールズのセンターが大胆に
[00:00 8/29] エンタメ
[瑛茉ジャスミン]「天才てれびくん」出身の美女が「ヤンマガ」グラビアでセクシーに ビキニ姿を披露
[00:00 8/29] エンタメ
Googleお役立ちテクニック - GoogleドライブをPCにインストールする
[00:00 8/29] パソコン
小室哲哉とヒャダインが共同作曲“運動したくない歌”
[23:00 8/28] エンタメ