エプソン、Core 2 Extremeを搭載可能な最上位タワー「Endeavor Pro4300」

 

エプソンダイレクトは23日、タワー型デスクトップのフラッグシップモデル「Endeavor Pro4300」を発表した。価格は11万4,660円から。

ハイエンドからミッドクラスまで柔軟な構成が可能な「Endeavor Pro4300」

Endeavor Pro4300は、FSB1,333MHzの高性能CPUにくわえ、インテルのコンシューマー向けCPUでは現在最上位となるCore 2 Extreme QX6850が選択可能となっている。また、画像/動画処理やマルチモニタといったライトユーズ向けのATI Radeon HD 2400 PRO 256MBから、本格的なCAD/CG業務に利用できるOpenGL系のATI FireGL V3300 128MBまで10種類のグラフィックスカードがBTOオプションとして用意されている。

拡張スロットは、フルサイズ対応PCI×3、PCI Express x16×2、PCI Express x1×2が利用できる。また最大4基のHDD、3基の5インチドライブベイ、1基の3.5型ドライブベイを備え、豊富なドライブオプションも選択できる。また、USB 2.0を8ポート搭載する。

筐体は、増設・交換が容易なフロントアクセスHDDが採用されているほか、ドライバなどの工具を使うことなくオプション類の増設や交換が可能なツールフリー構造となっている。さらに、移動時に便利な本体上部のハンドルも前モデルに引き続き健在だ。

CPUはインテル Core 2 Duo E4500(2.20GHz) / E6550(2.33GHz) / E6750(2.66GHz) / E6850(3GHz)、インテル Core 2 Quad Q6700(2.66GHz)、インテル Core 2 Extreme QX6850(3GHz)から選択できる。チップセットはインテル P35 Express+ICH9R、メモリは512MB PC2-6400 DDR2 SDRAM(256MB×2、最大3GB)。ハードディスクは7,200回転のSerial ATA II HDDが80 / 160 / 250 / 500 / 750GB / 1TB、またはRAID 0構成のSerial ATA II HDDが500GB~2TB、RAID 1構成のSerial ATA II HDDが80~250GB、RAID 10構成のSerial ATA II HDDが1TBから選択する。光学ドライブはCD-ROMドライブ / コンボドライブ / 2層書込対応DVDスーパーマルチドライブ。その他の機能はギガビットLAN、セキュリティチップ(TPM)など。

OSは、Windows XP Home Edition / XP Professional / Vista Home Basic / Vista Home Premium / Vista Business / Vista Ultimate。

本体サイズは217(W)×501(D)×476(H)mm、重量は約19.6kg。

人気記事

一覧

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア