「Mac OS Xバージョン10.5 Leopard」- 10月26日午後6時に販売開始

 

アップルは10月16日、Mac OS Xの6度目のメジャーリリースとなる「Mac OS Xバージョン10.5 Leopard」を10月26日午後6時に出荷すると発表した。同日午後6時より販売を行う。価格はシングルユーザーライセンスが14,800円、5人分のユーザーライセンスを含むファミリーパックが22,800円となっている。同社のサイトには発売までのカウントダウンが表示されており、オンラインストアでは予約受け付けを開始している。なお同日には「Mac OS X Server バージョン10.5 Leopard」も発売される。価格は10クライアント版が57,800円、無制限クライアント版が114,800円だ。

Mac OS Xバージョン10.5 Leopardには300以上の新機能が搭載される。一新されたFinderには、Cover Flowとサイドバーが加わり、またDockから容易にファイルにアクセスできるStacksという新機能を備える。ネットワーク機能も強化され、ローカルネットワーク上のMacまたはWindows PCの内容をSpotlightで検索し、Cover Flowを使ったブラウズやドラッグ&ドロップによる簡単なファイル共有が可能。このほかアプリケーションを開かずにファイルの内容を確認できるQuick Look、アプリケーションのグループを使ってデスクトップを整理するSpaces、バックアップ機能のTime Machine、WindowsをIntel Macでネイティブ動作させるBoot Campなどの新機能を搭載する。

Leopard Serverの改善ポイントは、サーバ機能の使い勝手の向上だ。サーバアシスタント/ サーバ環境設定やServer Status Dashboardにより、従来よりも簡単にネットワーク上のシステムのセットアップ、管理や監視などを行える。またサーバ上に保存されたユーザ情報を基に、Leopardクライアントの各種アプリケーションの自動設定が可能。ポッドキャスト配信を支援するPodcast Producer、共同編集型Webページの作成・編集を容易にするWiki Server、カレンダー/ 会議予定/ イベント等の共有・設定を簡単にするiCal Serverなどを備える。

人気記事

一覧

新着記事

そそられないポンコツ淫魔のちょいエロコメディ、ジャンプ+で
[20:41 7/26] ホビー
[映画興行成績]「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート
[20:30 7/26] エンタメ
夫婦のLINE 第128回 甘っちょろい戯言は抜きだ
[20:30 7/26] ライフスタイル
タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に
[20:07 7/26] ホビー
スマホからの「welq」利用者急増で631万人に - ニールセン
[20:03 7/26] 企業IT