海賊版を通報すれば100万ドル! 効果絶大でキャンペーン延長に

米国コンピュータソフトウェア著作権保護団体のBusiness Software Alliance(BSA)は1日(現地時間)、組織的な違法コピーソフト利用などの海賊行為摘発を促進するキャンペーン「BSA Rewards Program」の実施期間を、今年末まで延長すると発表した。

BSA Rewards Programは、組織的海賊行為の通報者に対し、最大20万USドルの報奨金が支払われるキャンペーンとして、米国内で2005年秋にスタート。内部通報者のプライバシー保護などが保証された同キャンペーンによって、数百社の海賊行為摘発につながり、これまでに約2,200万USドルの損害賠償額が支払われたとされる。

今年7月からは、報奨金額が100万USドルに引き上げられ、通報件数の大幅アップにつながった。当初は先月末で終了予定だった同キャンペーン延長により、さらなる摘発増加が予想される。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報