iLife '08がアップデート

 

Appleは、マルチメディア関連ソフトの統合パッケージ「iLife '08」のアップデータを配布開始した。パッケージはiLife '08全体で共有されるシステムコンポーネント「iLife Support 8.1」のほか、iLife '08を構成するアプリケーションごとに用意される。

iLife Support 8.1には、iLifeメディアブラウザのほか、Mac OS X 10.4(Tiger)用のグラフィックサポートフレームワークやイメージキットなど、最新版のコンポーネントが同梱。アップデータの適用により、iLife '08全体の安定性と互換性が向上する。iLife Support 8.1は、アプリケーション個別のアップデータを適用する前のインストールが必要。

アプリケーション個別のアップデータは、iDVD 7.0.1とiPhoto 7.1、iMovie 7.1とGarageBand 4.1の4種が提供される。そのうちiPhoto 7.1では、イベント間で写真を移動するときに発生する問題にが解消されたほか、ホリデイカードなど新しいグリーティングカードのテーマに対応した。

iMovie 7.1では、ビデオおよびオーディオ編集の機能アップ、iMovieでイベント/プロジェクトを操作するときのパフォーマンス向上を図っている。

GarageBand 4.1では、単独のグラフィック表示に関する問題に対処したほか、他社製オーディオソフトウェアとの互換性が強化された。iDVD 7.0.1では、安定性向上と若干の不具合の修正が行われている。

人気記事

一覧

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー