最"凶"の不良16人結集 - 伝説のコミック映画化『クローズZERO』舞台挨拶

 

「クローズZERO」の完成披露試写会および舞台挨拶が26日に都内で行われ、小栗旬、山田孝之を筆頭に主要キャスト17人が勢揃いした。

「クローズZERO」は高橋ヒロシ原作の漫画「クローズ」をオリジナルストーリーで完全映画化した作品。1991年から1999年まで少年チャンピオン誌上で連載され、現在までにコミックス発行数累計3,200万部を誇る人気作がついに映像化されるということで、公開前からかなりの注目を集めている。

後列左から橋爪遼、小柳友、大東俊介、高橋努、鈴之助、遠藤要
中列左から渡辺大、清水元基、桐谷健太、伊崎右典、伊崎央登、上地雄輔
前列左から高岡蒼甫、黒木メイサ、小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ

原作者の高橋ヒロシ氏は連載中から殺到していた映像化のオファーをことごとく断っていたという。「大切な『クローズ』を他人様に預ける気なんて毛頭なかった」とパンフレット掲載のインタビューで語っていたが、「ここにいる不良たちのおかげでかっこいい『クローズ』ができました」と映画の出来に満足の様子。そしてこの高橋氏が"この監督に撮ってもらいたい"という希望の筆頭に挙げていた三池崇史監督は、高橋氏に「『クローズ』を壊します」と宣言したとか。原作の世界を最大限に生かしながら三池ワールドに再構築された『クローズZERO』を「ほんと、すごいかっこいいんで楽しんで行ってください」と太鼓判を押した後、「あと、(スキヤキ・ウエスタン)ジャンゴって作品もやってます。そっちもヨロシク(笑)」と笑いを取ることも忘れなかった。

原作の高橋ヒロシ氏

三池崇史監督

総勢800人以上ものオーディションから選ばれたキャスト1人1人の紹介では、トップバッターの小栗旬が「おいー! おまえら愛してるぞー!」と絶叫。会場に集まったファンから歓喜の声が上がる中、「今日はどうもありがとうございます。お足元も悪い中こんなに集まって下さって……」とボケると「いや、晴れてる晴れてる!」と隣のやべきょうすけからすかさずツッコミが。紅一点の黒木メイサの「今、ここにいる皆さんもかっこいいんですけど、映画の中だとこの100倍かっこいいです。期待してください」というフォローが光った。

劇中のキャラクタとは正反対の明るく人懐こい挨拶で、女性ファンを虜にした小栗旬

不良たちのアイドル、ヴォーカリストの逢沢ルカを演じる黒木メイサ

不良の巣窟「鈴蘭男子高等高校」を舞台に、学内の覇権をめぐって巻き起こる史上最大の抗争。その二大勢力が3年に転入してきた滝谷源治(小栗旬)と、"芹沢軍団"を率いる百獣の王・芹沢多摩雄だ。芹沢を演じる山田孝之は「今回、すごく強い役をやらせてもらいました。いい映画に仕上がってますんで、宣伝して下さい」とドスの効いた声でコメントした。

"腕力は怪物級"の芹沢役・山田孝之

『クローズ ZERO』は10月27日より全国東宝系ほかにてロードショー。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ツクモ、プロ写真家の撮影テクニックとRAW現像が学べるワークショップ開催
[13:28 8/25] パソコン
ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に
[13:21 8/25] エンタメ
今年で25周年! マクドナルドの月見バーガーに「満月チーズ月見」が登場
[13:20 8/25] 趣味
ホンダ新型「NSX」申込み受付開始 - 26年ぶりフルモデルチェンジ、2月発売
[13:08 8/25] ホビー
キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電

本音ランキング