着信音作成機能を修正した「iTunes 7.4.2」がリリース

 

Appleは17日(米国時間)、ジュークボックスソフトの最新版「iTunes 7.4.2」をリリースした。対応プラットフォームはMac OS X 10.3.9 / 10.4.7以降、およびWindows XP SP2 / Vista。バイナリパッケージは同社Webサイト、またはiTunesの自動アップデート機能経由で入手可能。

今回のリリースでは、高音質 / DRMフリーのサウンドフォーマット「iTunes Plus」を使用して着信音を作成するときの不具合を解消。安定性とパフォーマンス向上を目的とした修正も施されている。9月5日に公開されたiTunes 7.4は、不具合修正を目的として直後に7.4.1へアップデート、今回の7.4.2は今月2度目の更新となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー