NVIDIA、Quadroのミッドレンジ以下にも新アーキテクチャを拡大

 

米NVIDIAは12日(現地時間)、プロフェッショナル向けグラフィックボード「Quadro」シリーズの新製品4モデルを発表した。3月に発表したハイエンド製品「Quadro FX 5600」「同 4600」と同様の統合アーキテクチャを採用した製品で、Shader Model 4.0・DirectX 10.0への対応をエントリーレベルにまで拡大した。

発表された新製品は以下の4モデルで、バスインタフェースは全てPCI Express。エントリー向けの「Quadro FX 370」では、129ドルという積極的な価格設定がされている。

対象マーケット 製品 価格
エントリーレベル3D Quadro FX 370(256MB) 129ドル
プロフェッショナル2D Quadro NVS 290(256MB) 149ドル
Quadro FX 570(256MB) 199ドル
ミッドレンジ3D Quadro FX 1700(512MB) 699ドル

統合アーキテクチャでは、ジオメトリ、シェーディング、ピクセル処理、演算能力を動的に割り当てることが可能。多数のテクスチャが使用されたゲームなどの場合にはテクスチャ処理用のシェーダを増やし、高密度のポリゴンモデルでテクスチャは少ない自動車・航空機の設計などでは、ボードの処理能力の大半を頂点計算に使用することができる。

Quadro FX新製品の主な仕様
製品 FX 1700 FX 570 FX 370
メモリサイズ 512MB DDR2 256MB DDR2
メモリインタフェース 128bit 64bit
メモリバンド幅 12.8GB/秒 6.4GB/秒
最大消費電力 42W 38W 35W
OpenGL 2.1
Shader Model 4.0
DirectX 10.0
トライアングル/秒 1億9100万 1億3700万 6600万
テクセル/秒/充填率 73.6億 36.8億 28.8億

これらのQuadro新製品は、HP、Dell、IBM、Lenovo、Sunをはじめとする大手システムメーカー、大手ワークステーション・システムインテグレータ、NVIDIAのチャンネルパートナーであるPNY Technologies、Leadtek、エルザを通して広く提供される。

人気記事

一覧

新着記事