AMDがLinux向けグラフィックスドライバの開発支援をスタート

米AMDは7日(米国時間)、グラフィックプロセッサATI Radeonシリーズ向けのオープンソース開発コミュニティを支援すると発表した。9月10日の週には、ATI Radeon HD 2000シリーズおよびATI Radeon X1000シリーズを対象に、Linux向けの開発関連情報と開発用パッケージの提供を開始する。

同社はこの動きを加速すべく、NovellのSUSE Linuxエンジニアリングチームと提携。公開するリソースの第一弾には、2Dグラフィックドライバの開発に必要なソースコード一式およびハードウェアの仕様が含まれる。来月以降には、2D / 3D描画機能とビデオ再生アクセラレーション機能がLinuxデスクトップでも十分発揮できるよう、開発コミュニティと協力して作業が進められる予定。

AMDは、9月5日にもATI Radeonシリーズ用純正グラフィックスドライバ「Catalyst 7.9」のLinux対応を発表。ATI Radeon HD 2000シリーズがサポートされるほか、Doom 3やQuake 4といった3Dゲームタイトルは90%もパフォーマンスが向上するという。2007年度第4四半期には、3Dデスクトップ環境を実現する技術「Accelerated Indirect GLX」(AIGLX)のサポートが追加される予定など、オープンソース分野での動きと同様にLinux市場へのコミットを強めている。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報