ソニー、α用レンズ3種とα700のカールツァイスキットを発表

 

ソニーは、α700の発表に合わせ、αマウントシステムに準拠したαレンズ3本発表した。また、すでに発売されているカールツァイス「Vario-Sonnar T*(バリオゾナー ティースター) DT16-80mm F3.5-4.5 ZA"」とα700を組み合わせたレンズキットを限定1,000台で発売する。

α700カールツァイスDT16-80レンズキット

「Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA」(SAL1680Z)は、35mm判換算で24mmから120mm相当までの焦点距離をカバーするAPS-Cフォーマット用の標準ズームレンズ。ズーム全域にわたり、コントラストに優れた、透明感のあるクリアな画質を実現するという。今回はこのレンズとα700をセットにした「α700カールツァイスDT16-80レンズキット」が1,000台限定で発売される。価格はオープンだが、推定市場価格は27万円前後の模様。

DT 16-105mm F3.5-5.6

「DT 16-105mm F3.5-5.6」(SAL16105)は、35mm判換算で24mmから157.5mm相当までをカバーする6.6倍のAPS-Cサイズ用標準ズームレンズ。望遠領域の色収差を補正するEDガラス1枚と、非球面レンズ2枚を使用し、ズーム全域で高い解像力とコントラストに優れた描写性能を実現する。また、円形絞りの採用による美しいボケ味やインターナルフォーカシング方式の採用によるスムーズなAFも特長。価格は7万3,500円。また、α700とのキットも用意されている。

DT 18-250mm F3.5-6.3

「DT 18-250mm F3.5-6.3」(SAL18250)は、35mm判換算で27mmから375mm相当までをカバーする高倍率ズームレンズ。EDガラスを2枚、非球面レンズを2枚使用することで諸収差を補正し、高画質を実現している。最大撮影倍率は0.29倍で、マクロ撮影にも威力を発揮する。また、レンズの自重で鏡筒が伸びることを防ぐズームロック機構を採用し、携帯性を高めている。価格は8万850円。

DT 55-200mm F4-5.6

「DT 55-200mm F4-5.6」(SAL55200)は、35mm判換算で82.5mmから300mm相当までをカバーする望遠ズームレンズ。全長85mm、重さ約295gという軽量コンパクトな設計で、携帯性に優れており、望遠撮影を気軽に楽しむことができるとしている。最短撮影距離0.95m、最大撮影倍率0.29倍を実現し、マクロ撮影も可能。価格は4万2,000円。

70-300mm F4.5-5.6G SSM ※2008年春発売予定

「70-300mm F4.5-5.6G SSM」は、開発発表ということで公開された。高性能な「Gレンズ」にあたり、ズーム全域にわたり高コントラストでシャープな画質を実現するという。レンズ内蔵SSM(超音波モーター)により、静かで、高速・ハイレスポンスなレンズ駆動が可能。また最短撮影距離は1.2mで、近接撮影にも威力を発揮するという。2008年春の発売が予定されている。価格は未定。

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー