ソニー、16mmドライバーユニットを搭載したインナーイヤーレシーバー発表

 

ソニーは、インナーイヤーレシーバー「EXモニター」シリーズの第3弾「MDR-EX700SL」を発表した。発売は10月20日で、価格は3万6,750円。

大口径ドライバーの採用で、音の厚みが増し、帯域も広がった「EXモニター」シリーズの新モデル「MDR-EX700SL」

MDR-EX700SLは、同社のインナーイヤーレシーバーの最上位機種となるモデル。最大の特徴となっているのが、インナーイヤータイプとしては異例の大口径ドライバーの採用。同社では、昨年4月に、13.5mmの大口径ドライバーを採用した、EXモニターシリーズの第1弾「MDR-EX90SL」を発表しているが、今回のMDR-EX700SLに採用されているのはそれよりも大口径の16mmドライバー。

振動板は厚さ0.1μm以下の高分子素材を数百層に積層して使用。マグネットにはネオジウムを採用。マグネシウム製の筐体は不要な振動を避けるためドライバー一体型となっている。これら新設計の採用により、従来のボーカルの抜けのよさに、高域/低域の再生能力向上が加わり、より厚みのあるサウンドを実現しているとのことだ。

MDR-EX90SLでは、13.5mmのドライバーを搭載するために、ドライバーユニットを外耳道に平行になるように配置して、そこから斜めにイヤーピースが出るという構造を採用していたが、さらに大口径のドライバーを採用したMDR-EX700SLでは、ドライバーは外耳道と垂直に配置され、そこからまっすぐイヤーピースが出るという構造になっている。ドライバーからの音を横から聞くことになるが、専用設計の新筐体により、設置向きによるマイナスの影響はないとのことだ。また、再生周波数帯域は、シリーズ中最も広い4~28,000Hzを実現している。

イヤーピースは、中心部分と表面とで硬度の異なる2種類のシリコンを使用することで、変形による音の変化を防止すると同時に、良好な装着感を確保している。また、幅と長さの異なる7種類が付属している。

型式密閉ダイナミック型
ドライバーユニット口径16mm、ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
最大入力200mW(IEC)
インピーダンス16Ω(1kHzにて)
感度108dB/mW
再生周波数帯域4~28000Hz
コード約0.5mOFCリッツ線(ネックチェーン)
入力プラグ金メッキステレオミニプラグ(付属延長コード:金メッキL型ステレオミニプラグ)
質量約7g(コード含まず)
付属品延長コード(約1m)、イヤーピース(SS/S/MS/M/ML/L/LL各2個)、キャリングケース

人気記事

一覧

新着記事

MRJ、北米フェリーフライトの写真公開--グラント・カウンティ空港へ
[12:20 9/29] 趣味
NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定
[12:16 9/29] 企業IT
わずか3gのBluetoothタグから人工衛星まで、変化を見せたKDDI ∞ Labo
[12:01 9/29] 企業IT
木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出か? - ハッブル宇宙望遠鏡が観測
[12:00 9/29] テクノロジー
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第354回 膝よりはマシだけど
[12:00 9/29] 趣味