カシオ、YouTube撮影モードなどを搭載した「EXILIM」4モデルを発表

 

カシオは、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM」シリーズの最新モデルとして、H.264方式のムービー機能とYouTube撮影モードを搭載した4モデル「EXILIM Hi-ZOOM EX-V8」「EXILIM CARD EX-S880」「EXILIM ZOOM EX-Z1080」「EXILIM ZOOM EX-Z77」を発表した。発売時期は、EX-Z1080のゴールド/ピンクが9月21日、同ブラック/ブルーが10月下旬、その他が9月14日の予定。価格はオープンだが、推定市場価格はEX-V8が4万5,000円前後、EX-S880とEX-Z1080が4万円前後、EX-Z773万円前後。

EX-V8 シルバー(左上)、EX-S880 レッド(右上)、EX-Z1080 ピンク(左下)、EX-Z77 ホワイト(右下)

今回発表された全モデルには、画像処理エンジン「EXILIMエンジン2.0」を装備。次世代規格H.264方式の高圧縮・高画質ムービーが撮影できるほか、動画のサイズや画質などを人気の動画共有サイト「YouTube」に最適な設定で撮影・保存できる「YouTube撮影モード」を搭載する。また、付属の専用PCソフトを使うと、簡単に動画をYouTubeにアップロード可能としている。静止画撮影では、動く被写体の速度や方向を解析してISO感度とシャッタースピードを制御するブレ軽減機能や自動追尾AFに加えて、顔認識機能も搭載する。

EX-S880の背面。YouTubeに合わせた動画撮影が可能に

「EXILIM Hi-ZOOM EX-V8」は、2007年2月に発売された「EX-V7」の上位モデル。有効画素数が720万画素から810万画素に強化された。スリムなボディに光学7倍ズームレンズを搭載し、CCDシフト方式の手ブレ補正機能も備える。サイズは95.5(W)×59.8(H)×25.5(D)mm、本体のみの重さは約149g。ボディーカラーはシルバーのみ。

「EXILIM CARD EX-S880」は、2006年10月に発売された「EX-S770」の後継モデル。より薄さを追求し、サイズは94.5(W)×60.4(H)×17.3(D)mm、本体の重さは約128gを実現した。有効画素数が810万画1/2.5型CCDと光学3倍ズームレンズを搭載する。ボディはステンレスを採用し、ワンタッチで動画撮影に切り替るムービーボタンを備える。ボディーカラーはシルバー、ブラック、レッドの3色。

EX-V8

EX-S880

「EXILIM ZOOM EX-Z1080」は2007年2月に発売された「EX-Z1050」の後継モデル。最大ISO6400の高感度撮影が可能になった。有効画素数1010万画素1/1.75型CCDと光学3倍ズームレンズを搭載する。従来モデル同様の最大7枚/秒の高速連写機能(200万画素)も備える。サイズは91.1(W)×57.2(H)×24.2(D)mm、本体のみの重さは約125g。ボディーカラーはグレー、シルバー、ピンク、ブラック、ブルーの5色。

「EXILIM ZOOM EX-Z77」は、2007年4月に発売された「EX-Z75」の上位モデル。分かりやすいメニュー画面や簡単な操作で使い勝手の良さを追求している。有効画素数720万画素1/2.5型CCDと光学3倍ズームレンズを搭載する。最大5枚/秒の高速連写撮影(200万画素)が可能になった。サイズは95(W)×59(H)×19.8(D)mm、本体のみの重さは約118g。ボディーカラーはシルバー、ホワイト、レッド、ピンク、ブルーの5色。

EX-Z1080(グレー)

EX-Z1080のカラーバリエーション

EX-Z77(シルバー)

EX-Z77のカラーバリエーション

人気記事

一覧

新着記事

アカマイ、Web画像の最適化&高速配信を自動化する「Image Manager」発表
[14:13 9/28] 企業IT
『ジョジョ』実写映画が2017年夏公開決定、原作・荒木飛呂彦氏「誠に光栄」
[14:07 9/28] ホビー
パナソニックの頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」が20周年
[14:02 9/28] パソコン
坂上忍、紀香は"梨園の妻"として「うまくいくと思う」- 三田寛子は"お手本"
[14:01 9/28] エンタメ
OPPO、最新世代DAC採用でアンプも向上したポタアン「HA-2SE」
[14:00 9/28] スマホとデジタル家電