GM、A123システムズ社とシボレー・ボルト用リチウムイオン電池を共同開発

米国ゼネラルモーターズ(GM)とA123システムズ社は、A123システムズ社製のnanophosphate化学電池を用い、GMの「E-Flex」システムの電気自動車用電池の共同開発を行うと発表した。E-Flexシステムのプラグイン自動車だけでなく、多様な燃料電池の開発促進が期待されている。

シボレー・ボルト

GMの「E-flex」システムは、共通のシャシーに多様な推進システムを組み合わせられる電気駆動システムで、発電の燃料としてガソリン、エタノール、バイオエタノール、水素などを想定している。また「E-flex」システムを搭載する自動車として、コンセプトモデル「シボレー・ボルト」がデトロイトショーですでに公開された。同車は家庭用電源からも充電でき、「プラグイン自動車」とも呼ばれている。

現在A123システムズ社では、年間1,000万個を越える電池を生産し、nanophosphate化学電池の世界最大メーカーとなっている。これらの電池のほとんどが充電式工具に使われている。

GMグローバル商品開発副会長、ボブ・ラッツは、「シボレー・ボルトは、自動車業界の新たな方向性をリードすることになる。私達には自動車が電気により駆動し、石油燃料への依存をより軽減できる将来像が見える。自動車業界にとっても新しく大きなパラダイム・シフトであり、このことはA123システムズ社のような企業による電池の急速な進歩に負うところが大きい」とも述べている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事