Mac定番のグラフィックソフト「GraphicConverter 6.0J」がリリース

 

Bridge 1 Softwareは30日、Mac OS定番グラフィックソフトの最新版「GraphicConverter 6.0J」をリリースした。同社Webサイト経由で購入可能なパッケージは、Mac OS 8.6以降/PPC搭載機に対応するクラシック版と、Mac OS Xの全バージョンに対応するカーボン版、Mac OS X 10.4.4以降 / PPCおよびIntelに対応するユニバーサルバイナリ版の3種類。シングルユーザライセンスは5,000円(39米ドル)、VectorシェアレジサービスまたはiRegi経由で購入する場合は6,090円。

今回のリリースは、独Lemkesoftが7月26日に発表した「GraphicConverter 6」の日本語ローカライズ版。基本的なレイヤー機能がサポートされたほか、ポリゴン選択ツールの追加やアルファチャンネルでのコピー/ペーストが可能になるなど、編集機能が強化された。Automator用アクションの追加や、Mac OS X 10.5(Leopard)のベータ版での動作に対応している。

なお、以前のバージョンやMacintoshにバンドルされている英語版のユーザは、3,000円(23米ドル)でアップグレードが可能。2007年1月1日以降に日本語版を購入したユーザに対しては、無償アップグレードパスが提供される。

人気記事

一覧

新着記事

Parrot、ドローン「Bebop 2」にHDMとコントローラをセットにしたFPVパック
[19:07 9/28] スマホとデジタル家電
『双星の陰陽師』10月新主題歌はlolとGIRLFRIENDが担当
[19:00 9/28] ホビー
マリリン・モンローのあのミンクのストールがオークションに
[18:59 9/28] エンタメ
予防・検知からインシデント対応までサポート「InfoTrace Mark II for Cyber」
[18:54 9/28] 企業IT
ASUS、6GBのRAMを内蔵するハイエンドな「ZenFone 3 Deluxe」10月下旬発売
[18:53 9/28] スマホとデジタル家電