スパムのトレンドはPDFからExcel文書へ - 米McAfee

米McAfeeの研究機関Avert LabsのBlogエントリによると、スパムのトレンドはPDFからMicrosoft Excel文書へと移行しつつあるという。

同エントリによると、3週間ほど前から株価の不正な吊り上げ行為──「パンプアンドダンプ(Pump and Dump)」──のために送信されるスパムは、Microsoft Excel文書を添付する手段が増加している。

株価に関わる偽情報を流すExcel形式のスパムの例
(出典: McAfee Avert Labs Blog)

このようなスパムは目下、特定のドイツ企業関連株を宣伝しており、おもに.deならびにドイツ企業の.comドメインのアドレスへ送信されているという。

株価に関わる偽情報を流すExcel形式のスパムの文面
(出典: McAfee Avert Labs Blog)

McAfee Avert Labsは「ExcelスパムはPDFスパムと手口が似ており、近い将来、PowerPointやWordを使用したスパムもありうる」としている。また、先月の傾向としてGIF/JPEG画像を使用したスパムの全体に占める割合が20%から10%以下に減少したという。このような状況においては、かつて一世を風靡したマクロウイルスの再流行や、攻撃コードを伴うExcelスパムも想定し得るとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事