Groovyで実装したJMXモニタリングツール「Jagger 1.0」登場

 

27日(ドイツ時間)、Jaggerの最新版となる「Jagger 1.0」が公開された。JaggerはJavaおよびGroovyを使って開発されたJavaアプリケーションモニタリングツール。大規模コンピュータクラスタにおける用途を目的にして開発されたツールアプリケーションで、JMXを使ったモニタリングデータの集約、アーカイブ、視覚化を実現する。

Jagger 1.0ではモニタリング画面としてコンソールモードが実装されており、Java仮想マシンの状況表示、メモリの使用状況表示、アプリケーションサーバの動作状況表示などが実現できる。実装自身はGroovyで行われているため自由度が高いうえにすでにJ2EE環境とも連携がとれているようだ。今後の実装予定にはモニタリングデータモデルの記述、クラスタホストにおける分散mbeanデータの集約、モニタリングデータの履歴化、SLA設定/モニタリング/実行などが挙げられている。

まだ公開されたばかりのプロダクトで、試験されたプラットフォームも少なく、アプリケーションサーバとしてはApache Tomcat 5.5しかサポートされていない。しかし、アプローチが興味深く、今後の開発が注目されるプロダクトだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事