フリーのPDF変換ソフト「PrimoPDF 3.1」の日本語版が27日にリリース

ニュース
トップ

フリーのPDF変換ソフト「PrimoPDF 3.1」の日本語版が27日にリリース

  [2007/07/24]

エクセルソフトは、PDF変換ソフトウェア「PrimoPDF 3.1」の日本語版を27日に正式にリリースする。本製品は無償で配布されるもので、同社のWebサイトからダウンロードできる。

PrimoPDF 3.1は米activePDFが開発したもので、Office文書やWebページなどをPDF 1.4に準拠したファイル形式に変換できる。なお、日本語のためのモジュールなどはエクセルソフトが用意した。

本製品は仮想プリンタとして動作するので、印刷できるデータであれば、そのほとんどをPDFに変換できる。この際、ディスプレイでの閲覧に適した「スクリーン用」や、プリントアウトして利用するための「印刷用」など、用途に応じた変換を行うためのオプションが用意されている。そのほか、40ビットまたは128ビットの暗号化も行える。

対応するOSは、Windows 98/ME/2000/NT/XP/VistaとWindows Server 2003。なお、インストールの際には30Mバイト以上のハードディスク容量が必要である。

インストーラも日本語に対応

日本語のマニュアルも用意されている

ファイルをPDFに変換するところ(1) - 本製品は仮想プリンタとして動作する。例えばWordファイルを変換したい場合には、[ファイル] - [印刷]のプリンタの設定で「PrimoPDF」を選択し、[OK]をクリックする

ファイルをPDFに変換するところ(2) - ディスプレイで閲覧する場合に適した「スクリーン用」や、プリントアウトして利用する場合の「印刷用」など、用途に応じた変換を行うためのオプションが用意されている

ファイルをPDFに変換するところ(3) - 40ビットまたは128ビットの暗号化も行える

ファイルをPDFに変換するところ(4) - 文書のプロパティも設定可能

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    JVCケンウッド、30m離れてもテレビ音声を手元で聴けるワイヤレススピーカー
    [17:37 7/29] 家電
    【レポート】Microsoft主催のITコンテスト「Imagine Cup 2014」世界大会直前! - 日本マイクロソフトが本番さながらの予行演習と壮行会を開催
    [17:36 7/29] パソコン
    【連載】マイ・ジェネレーション 第41回 22歳女性「PCを使いはじめたのは5歳くらいのとき」
    [17:35 7/29] キャリア
    テック、パススルー出力対応のHDMIキャプチャデバイス
    [17:28 7/29] パソコン
    2015年卒の採用数、前年より15%増 - マイナビ就職戦線総括発表
    [17:28 7/29] キャリア

    特別企画

    一覧