エンタープライズAPサーバ"WSO2 Web Services Application Server 2.0"登場

WSO2は16日(スリランカ時間)、WSO2 Web Services Application Serverの最新版となる「WSO2 Web Services Application Server(以下、WSAS)2.0」を公開した。WSASはJavaで開発されたエンタープライズ向けのアプリケーションサーバ。ハイパフォーマンス、 XML/SOAP/WSDLのフルサポート、WS関連仕様のサポート、FLOSSプロダクトの統合などが実現されており、Apache License Version 2.0のもとでオープンソースソフトウェアとして公開されている。

WSAS 2.0ではデータベースとの連携を簡単にするためのデータサービス、統合開発環境から直接操作するためのEclipse IDEとの統合機能、クラスタリング機能の強化、Apache Axis1との互換性の確保などが実現されている。WSO2は今年6月11日(英国時間)、Apache SynapseベースのESBソリューションWSO2 Enterprise Service Bus (ESB) 1.0を公開している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事