米Ecamm、iPhoneをMacの外付けドライブにするソフト「iPhoneDrive」を発売

 

iPhoneDrive

米Ecamm Networkは、Appleの携帯電話「iPhone」をMacと接続して、ポータブルストレージ製品として利用可能にするソフトウェア「iPhoneDrive」を発表した。Mac OS X 10.4.10以降に対応し、US9.95ドルにて販売されている。

iPhoneDriveをインストール後に、USB2.0インタフェースでiPhoneとMacをケーブル接続すると、まるでFinderのようなユーザーインタフェースのファイル・フォルダ管理画面が表示され、ドラッグ&ドロップ操作によるコピーや移動が可能になる。iPhoneの記憶領域を、外付けドライブとして利用できるという。

Finder操作の感覚でiPhoneを外付けドライブとして利用できる

現在はWindowsに対応していないものの、今後バージョンアップでの対応も期待される。

人気記事

一覧

新着記事

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ