欧州ユーザーの4人に1人がFirefoxを利用

末岡洋子  [2007/07/17]

インターネット利用モニタリングツールベンダーの仏XiTiによると、欧州ユーザーの27.8%がMozilla Foundationが開発するオープンソースのWebブラウザ「Firefox」を利用しているという。欧州におけるFirefoxのシェアは着実に増えており、米Microsoftの「Internet Exploler(IE)」のシェアを侵食しつつあるようだ。

この調査は、同社の調査部門XiTiMonitorが行ったもの。欧州連合(EU)27カ国を含む欧州32カ国を対象に、95,827件のWebサイトに対し、どのWebブラウザからアクセスしているかを調べた。

7月2日から8日の1週間、Firefoxの利用率は27.8%と過去最高に達した。同期、IEは66.5%でトップ、2位はFirefoxで、3位は「Opera」の3.5%、4位は「Safari」で1.7%となった。

Firefoxの利用率は、前年同期(2006年7月3日から9日)は21.1%、4カ月前(2007年3月5日から11日)は24.1%であることから、安定して増加していることが分かる。一方、IEの利用率は、前年同期は73.3%で今期は6.8ポイント減った。このようなことから、Firefoxのシェア増加とIEのシェア減少が同時に起こっているといえる。

対象となった32カ国の中でも、Firefoxのシェアが特に高い国は東欧各国。最も高かったスロベニアでは同期47.9%となったほか、スロバキア(40.4%)、ハンガリー(39.7%)、ポーランド(39.6%)、クロアチア(39.6%)などの国で、シェア値がほぼ4割となった。東欧以外では、フィンランドが45.4%でスロベニアに次ぐ2位となった。

今期、最もFirefox利用率の伸びが高かったのはアイルランドで、4カ月前の24.9%から一挙に38.6%に増やした。これは55%の増加率となる。

一方、利用率が低い国は、オランダ(13.3%)、デンマーク(13.8%)、モナコ(13.7%)など。だが、32カ国すべての国で、4カ月前と比較して利用率が増えている。

XiTiによると、世界的に見ると、Firefoxのシェアが高いのはオーストラリアを含むオセアニア地区(28.9%)。以降、欧州、北米(18.7%)、南米(15.5%)、アフリカ(14.7%)、アジア(14.3%)の順という。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR東海「新幹線なるほど発見デー」7月に開催 - 車体上げ実演は今回が最後に
[11:41 5/26] ホビー
トヨタ、配車サービスを手がけるウーバーとライドシェア領域での協業を検討
[11:36 5/26] ホビー
【連載】 山口健太のモバイルデバイスNEXT 【第10回】富士通が最新法人向けPCで、旧世代CPUを採用した裏事情
[11:35 5/26] 企業IT
東出昌大、初の刑事役を捉えた写真公開! 拳銃かまえ鋭い目つき
[11:30 5/26] エンタメ
事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手
[11:06 5/26] 企業IT

特別企画 PR

求人情報