米Logitech、空中でも操作できる無線レーザーマウス「MX Air」

 

米Logitech (日本法人: ロジクール)は7月12日 (現地時間)、モーションコントロール技術を備えたワイアレス・レーザーマウス「Logitech MX Air Rechargeable Cordless Air Mouse」を発表した。机上だけではなく、マウスを手に持って空中で操作できるのが特徴。

手に持つことを想定した本体デザイン

空中操作時には親指で押すボタンが4つ

同社はモーションコントロール技術をFreespaceと呼んでいる。MEMs (microelectromechanical systems)センサー、デジタル信号プロセッサ、RFワイアレス技術などを組み合わせて、ユーザーがどのような向きでマウスを使用しても正確に動作する快適な操作性を実現しているという。独自の動作アルゴリズムは、ユーザーが意図しない手の動きを識別し、空中操作時に画面上でカーソルが小刻みに動くような動作を効果的にキャンセルしてくれる。ジェスチャーを使ったコマンドも可能で、たとえばマウス上のボリューム・ボタンを押した状態でマウスを右に振るとボリュームが上がる。メディアプレーヤーでは、右に円を描くように動かすと次の曲にスキップする。このほか空中で本体上部に装備された4つのボタンを親指で押すことで、再生/ 一時停止、ミュート、戻る、選択などの操作を行える。対応OSはWindows VistaまたはXPで、以下のソフトウエアをサポートする。

音楽プレーヤーiTunes、Windows Media Player、RealPlayer、Rhapsody、Winamp
ビデオ/DVDプレーヤーWinDVD、Windows Media Player
写真ACDSee、Adobe Photoshop Album、Windows Photo Gallery、Windows Picture Viewer
WebブラウザInternet Explorer、Mozilla Firefox、Netscape、Opera

スクロール部分は、指でなぞって操作するタッチスクロールパネルが採用されている。無線機能は2.4GHz帯のDigital Cordlessテクノロジで、通信範囲は最大約10メートル。充電式のLi-ion電池を内蔵しており、充電用スタンドが付属する。

スクロール部分にはタッチスクロールパネルを採用

充電用スタンドに乗せた状態

8月から米国と欧州で発売される予定で、米国での価格は149.99ドル。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー