JBoss Seamをフル活用! Ajax対応フレームワーク「ICEfaces 1.6」登場

ICEsoft Technologiesは10日(カナダ時間)、ICEfacesの最新版となる「ICEfaces 1.6.0」を公開した。ICEfacesはJavaで開発されたAjax対応フレームワーク。JBoss Seam 1.2.1 GAと連携してラピッド開発を実現する「SeamGen」への拡張などを実現しているという特徴がある。

ICEfacesはJBoss Seamの機能を活用し、Ajax/JavaScript、JavaServe Faces、EJB 3.0、Java Portlets、BPMなどの機能を統合する役割を果たす。Ajaxアプリケーションを開発するためのフレームワークであるが、ICEfacesの開発チームがJBoss Seam開発チームと密に連携をとり、開発を進めている点は注目に値する。

1.6.0には多くのソースコードサンプルが含められているため、開発の際の参考にできる。1.6.0における主な特徴は次のとおり。

  • Liferay Portalとの統合
  • Spring Web Flowとの統合
  • Glassfish、SAP NetWeaver 2007、Webtide Jettyなど新しいアプリケーションサーバサポートの追加
  • OperaおよびOpera Mobileサポートの追加
  • Apache MyFaces Tomahawkコンポーネントサポートの追加
  • 新しい折りたたみ可能なパネルコンポーネントの追加
  • Enterprise Production Suite(EPS)のオープンソースソフトウェア化
  • JavaServe Faces 1.2のサポート
  • IDEツールインテグレーションのバンドル
  • Open Ajax Hubへの対応

Webアプリケーション開発の負荷低減を目的として開発がはじまったJBoss Seamだが、ICEfacesはそうしたJBoss Seamの試みを具現化したフレームワークと言える。JBoss Seamを活用することで種々のテクノロジーの統合が実現されている。Webアプリケーション開発の際には採用したいプロダクトだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事