ハーマン、JBLの新しいホームスピーカー「New Aシリーズ」発表

 

7月10日、ハーマンインターナショナルは、JBLのホームスピーカー、New Aシリーズ「A660」「A60」「A66 Center」を発表した。発売は7月下旬を予定している。価格はA660が9万4,500円(1本)、A60が10万5,000円(ペア)、A66 Centerが6万3,000円となっている。

New Aシリーズの最大の特徴となっているのが、新開発された38mm径の「タンジェンシャル・リング・ツイーター」の採用。タンジェンシャルリブがボイスコイルからの振動を振動板全体に伝えることにより、高域までのピストニックモーションを実現している。

同社では「A640」というスピーカーを発売しており、New Aシリーズは、それに対して「New」ということになる。A640は、165mm径のピュアパルプコーンウーファーと19mm径ピュアチタンドームツイーターをコンパクトなエンクロージャーに組み込んだモデル。専門誌などでの評価も高い。今回発表されたNew Aシリーズは、ウーファーユニットは、同じ165mm径のピュアパルプコーンウーファー(A66 Centerのみ133mm)を採用しているが、タンジェンシャル・リング・ツイーターを採用したことにより、サウンドは、従来の、エネルギッシュな、いわゆるカリフォルニアサウンドとは、やや趣が異なり、高域の透明感が高く、同社によると、ジェントルな音に仕上がったということだ。

コンパクトなブックシェルフタイプの「A60」(左)と、フロアタイプの「A660」(右)

センタースピーカー「A66 Center」

A60は、タンジェンシャル・リング・ツイーター+165mm径ピュアパルプコーンウーファーの2Way構成で、幅240mm×高さ360mm×奥行き266mmのコンパクトスピーカー。スピーカースタンド「JS-15」(2万1000円/ペア)も同時に発売される。A660は、幅240mm×高さ995mm×奥行き270mmのフロアタイプスピーカー。ウーファーは、アッパーとロアーの2本構成。低域の余裕と音場の正確さを両立させている。なお、A660はバイワイヤー接続にも対応する。A66 Centerは、タンジェンシャル・リングツイーター+ダブルウーファーのセンタースピーカー。

人気記事

一覧

新着記事

故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル
ドリーム・アーツ、メッセンジャーを追加した多店舗運営支援「Shopらん」
[11:30 8/24] 企業IT