AVLAB、ExpressCard/34カードをPCMCIAスロットに装着できる変換アダプタ

 

台湾・AVLAB Technologyは、カード型CardBus-ExpressCard/34変換アダプタ「Passive CardBus-to-ExpressCard Adapter」を発表した。

Passive CardBus-to-ExpressCard Adapterは、ExpressCard/34タイプのPCI Expressカードを32ビットCardBus対応PCMCIAスロットに装着できるというもの。ラインナップは、「R5C811」を含むリコー製PCMCIAコントローラ向けの「Passive CardBus-to-ExpressCard Adapter (RI)」とテキサス・インスツルメンツとO2 Micro製PCMCIA コントローラ向けの「Passive CardBus-to-ExpressCard Adapter (OT)」の2種類。

同製品はExpressCardからのシグナルをUSBシグナルに置き換えることで変換を実現しているため、利用できるのはUSBホストがPCMCIAスロットに対してUSB 2.0(High-Speed USB)シグナルを供給しているノートPCに限られる。また、データ転送速度はUSB 2.0と同じく最大480Mbpsとなる。同社では、3G(EV-DO)や3.5G(HSDPA)モデム、TVチューナー、メディアカードアダプタ、ギガビットLANアダプタ、シリアル/パラレルI/Oカードなどの変換を主な用途として想定している。

サイズは54(W)×98(L)×9(H)mm。最大700mAの3.3V、および最大500mAの1.5Vパスパワー電源を供給可能だ。対応OSはWindows 98SE / Me / 2000 / XP / Server 2003 / Vista。

人気記事

一覧

新着記事