MontaVista LinuxがIntel製ネットワークプロセッサ「IXP435」に対応

 

米MontaVista Softwareの日本法人であるモンタビスタソフトウエアジャパンは27日、同社の組み込みLinux「MontaVista Linux Professional Edition 5.0」がIntel製ネットワークプロセッサ「IXP435」に対応したと発表した。

MontaVista Linux Professional Edition 5.0は、リアルタイム性を備えた組み込み向けのLinuxである。現在、25以上のプロセッサをサポートしている。Intel製のネットワークプロセッサとしては、ほかにも「IXP425」をサポートしている。

IXP435は、家庭用のブロードバンドルータやVoIPルータなどで採用されているネットワークプロセッサである。パワーマネジメント機能や、DDR2-400対応のメモリコントローラ、USB2.0のホストコントローラなどを搭載している。

今回、IXP435に対応したMontaVista Linux Professional Edition 5.0は、通信やセキュリティ向けのアプリケーション開発用ライブラリであるIntel IXP400 Software AccessのLinux用ライブラリをサポートしている。

本製品の開発環境として、Eclipseのプラグインとして提供される統合開発環境「DevRocket 5.0」を利用することができる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[小松菜奈]ピンクドレスで大胆“美背中” ファッション誌「MERY」カバーガールに
[20:43 9/28] エンタメ
『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
[ジョジョの奇妙な冒険]なぜ第4部を実写化? 続編製作&海外展開の夢も
[20:24 9/28] ホビー
八葉たちが神子のいない世界で思いを歌う「遙かなる時空の中で3」CD発売
[20:09 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー