「PCで音楽を楽しむ」ネットユーザーが7割超! 今後の課題は音質向上に

 

米家電業界団体のCEA(Consumer Electronics Association)は、米国民のPCを利用した音楽視聴スタイルなどを調査する最新レポート「Computer-Sourced Audio Consumption in the Home」の発表を行った。

同レポートは、今年4月にCEA Market Researchが実施した調査に基づく。調査結果によれば、現在、米国内の82%の世帯がPCを所有しており、成人インターネットユーザーの72%が、PCを利用して音楽を聞いていることが明らかになった。そのうち、PCでの音楽視聴に毎週平均9時間を費やしているユーザーが77%を占めた。

とはいえ、PCで音楽を楽しんでいるユーザーの3人に1人以上は、音質向上が課題と答えており、楽曲ファイルを数多く入手するよりも、音質を改善できるほうが望ましいとの意見に約半数が同意している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2種のチーズを練り込んだ砂糖・バター・マーガリン不使用のクッキーが発売
[11:00 9/25] ヘルスケア
一万円札で汗がぬぐえる!? 「お札タオル」とは
[11:00 9/25] マネー
[Github Universe 2016] 日本人エンジニアに聞いた、企業向け「GitHub Enterprise」の魅力
[11:00 9/25] 企業IT
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第19回 1日分の寿命の代償にほしいものは?
[11:00 9/25] 読者プレゼント
松本人志、NHKを批判 - SMAP紅白出演オファーの公表「利用している」
[10:51 9/25] エンタメ