保証されたメッセージングを実現するWS-ReliableMessaging 1.1、OASIS標準へ

OASISは21日(米国時間)、OASISメンバーによって「Web Services Reliable Messaging (WS-ReliableMessaging) version 1.1」がOASIS Standardとして承認されたことを発表した。同規約はWebサービスシステムにおいてメッセージを確実に送信するための規約。WS-ReliableMessaging 1.1に関連している団体は同標準を広く批准する段階に来たといえる。

用途によってはシステムの不具合にかかわらず、メッセージの送信が確実に実施されなければ問題が発生する場合がある。WS-ReliableMessagingは、そのような場合にメッセージの送信を確実に実施するための規約で、ソフトウェアコンポーネントやシステム、ネットワークなどに不具合が発生した際の対応も考慮されている。二重登録を避けたり、確実な注文の受け取りを実現したりするなど、保証されたメッセージングが必要になる場合に活用される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事