W3C、SPARQLのクエリ結果をJSONで扱うための規約を公開

W3C, The RDF Data Access Working Groupは18日(フランス時間)、「Serializing SPARQL Query Results in JSON」のW3C Working Group Noteを公開した。同規約はSPARQLクエリの実行結果として出力されるXMLデータをJSONデータ形式で扱うためのもの。

W3Cは今月14日(フランス時間)、「SPARQL Query Language for RDF」の[W3C Candidate Recommendationを公開しているが、今回公開されたものは同規約に対して補完的な役割を果たす。Webアプリケーションにおけるデータ形式としてはXMLが標準的な地位にあるが、JavaScriptなどの言語でそのまま処理できるJSONデータ形式が利便性の面から採用されるシーンが増えている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事