国産Linuxセキュア技術「TOMOYO Linux 2.0」がリリース - LSMに対応

TOMOYO Linuxプロジェクトは7日、Linuxを対象としたセキュア技術の最新版「TOMOYO Linux 2.0」をリリースした。バージョン2.6系のLinuxカーネルソースコードに対するパッチとして提供、kernel.orgが提供する最新安定版(v2.6.21.3)のほか、各Linuxディストリビュータが配布するカーネルソースコードを利用できる。

TOMOYO Linux 2.0では、カーネル2.6.xでサポートされたセキュリティ拡張機能「Linux Security Module(LSM)」をサポート。TOMOYO Linuxの開発成果をLinuxカーネルメインラインに統合するべく、従来のバージョン(1.x)と分けてリリースされたが、1.xも開発/サポートが継続される。Linuxカーネルへの統合は、同プロジェクトのセッションが予定されている6月27日開始のOttawa Linux Symposiumに先立ち、Linuxカーネルメーリングリストへの投稿の形で行われるとのこと。

TOMOYO(Task Oriented Management Obviates Your Onus on Linux) Linuxは、NTTデータを中心に開発中のLinux向けセキュア技術。SELinuxなどと同様のセキュアOSとしての機能をLinuxに追加、アクセス制限ルール(ポリシー)の自動生成など運用の容易さが特徴。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事