"紙"が喋る時代到来! 音楽までも奏でられるスゴイ紙が実用化に向け研究中

 

テクノロジーは日進月歩といえど、ついにここまで来たかと驚愕せずにはいられない。なんと紙が喋るというのだ。スウェーデンのMid Sweden Universityでは、録音されたメロディやメッセージを高音質で流す次世代ペーパー「Paper Four」の開発プロジェクトが進められている。

タッチすると音声が流れる

「Fiber Science & Communication Network」(FSCN)研究プログラムの一環となるPaper Fourには、タッチすると反応する電子伝導インクが用いられており、人が触れると、埋め込まれた極薄スピーカーから音声を再生。高音質のミュージック再生にも対応し、音量コントロールも自由に行えるという。

写真、CDジャケット、漫画にタッチすれば、 Paper Fourがリアルにサウンド再生!

実用化されればコミックの楽しみ方も広がりそうだ

すでにPaper Fourは、臨場感あふれる写真、音楽を奏でるCDジャケット、セリフが聞こえる漫画など、数々のコンセプトモデルが完成しており、今後の実用化が期待される。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事