米Palm、ノートPC型のスマートフォン向け補助デバイス「Foleo」を発表

 

米Palmは5月30日(現地時間)、同社の新しいフォームファクタとなる「Palm Foleo」を発表した。フルキーボードと10インチのLCDスクリーンを備えたノートPC型のデバイスで、スマートフォンと連携するため「スマートフォン・コンパニオン」と呼ばれている。電子メールやフルブラウザによるインターネットアクセス、Word/Excel/PDFといった文書ファイルの閲覧や編集などを通常のPCと同じ感覚で楽しめる。2.5ポンド(約1.1キログラム)の本体重量に5時間のバッテリ寿命。OSにはLinuxを採用し、自由にアプリケーション開発が行える。

Palm Foleoの使用中の様子と全体図。通常のノートPCと同じ感覚で使用できるデバイスであることがわかる。だが隣にスマートフォンを置いていると、どちらがコンパニオン(同伴者)だかわからない!?

Foleoのデザインコンセプトは、出張やちょっとした外出などでも、PC感覚で使えるスマートフォン向けの周辺機器だ。Bluetoothを使ってスマートフォンと接続し、電子メール送受信やOperaブラウザによるインターネットアクセスが可能なほか、外出先の無線LANホットスポットにWi-Fi経由で接続してインターネットを利用することも可能。またFoleo用にカスタマイズされたDataVizの「Attachments To Go」によってWord/ Excel/ PowerPointファイルの閲覧や編集が可能なほか、PDFビューワーが提供されており、出先でのプレゼンテーションや移動中の作業など様々なビジネスシーンでの活用が考えられる。電源オンですぐにアプリケーションを起動させ、即シャットダウンも可能という機構も、モバイルユーザーには嬉しい。

Palm OSまたはWindows Mobileの両バージョンのPalm Treoスマートフォンとシンクロできるほか、他のWindows Mobile製品との連携も可能となっている。またRIMのBlackBerry、AppleのiPhone、Symbian OS採用スマートフォンとの連携も、多少のソフトウェア変更で可能だという。シンクロ用のインタフェースは公開されており、サードパーティとの連携で対応スマートフォンの種類を増やしていく計画だとPalmは説明する。

Palm創業者のJeff Hawkins氏とFoleo。PalmPilot、Treoに続くFoleoについて「これまで仕事してきたなかで最もエキサイティングなもの」と評している

ハードウェアの特徴としては、10インチのディスプレイにフルキーボードを採用、ネットワーク接続にはBluetoothまたはWi-Fiを用いる。USBポート、ビデオ出力ポート、ヘッドフォンジャックを備え、さらにSDとコンパクトフラッシュ用のスロットを内蔵し、ストレージとすることができる。Palmではアプリケーション同様にハードウェアの仕様も広く公開し、サードパーティの周辺機器開発をうながしていく計画だ。

出荷は今年夏を予定しており、販売価格は100ドルのリベート適用後に499ドルとなる見込み。同製品は現在米カリフォルニア州サンディエゴで開催されているWall Street Journal主催の技術カンファレンス「D: All Things Digital」の中でPalm創業者のJeff Hawkins氏によるデモストレーションが披露された。このカンファレンスでは同日、米Microsoft CEOのSteve Ballmer氏による同社の新コンセプト製品「Surface」も紹介されている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[今週の新刊]「重版出来!」が登場 「火ノ丸相撲」や「僕のヒーローアカデミア」も
[18:30 8/28] ホビー
[中野杏]アイドルでパンクロッカー? ミスFLASHが“初心者目線”でNBAをPR!
[18:13 8/28] エンタメ
シチズン×モンベル、プロユース「PROMASTER」とアウトドアのコラボ時計
[18:08 8/28] スマホとデジタル家電
[美少女戦士セーラームーン]うさぎの布団が商品化 布団カバーと枕カバーがセットに
[18:04 8/28] ホビー
[ディーン・フジオカ]イベントで清野菜名とケーキ入刀 結婚式の思い出語る
[17:51 8/28] エンタメ