リネオ、組み込みLinux開発環境の新エディションをリリース

 

リネオソリューションズは14日、組み込みLinuxの統合開発環境「Lineo uLinux ELITE」の新エディション「Lineo uLinux ELITE CodeSourcery Edition」(以下、CodeSourcery Edition)を6月29日にリリースすると発表した。

Lineo uLinux ELITEは、テスト済みのLinuxカーネルや各種パッケージ、ツールチェーンなどから構成される。開発する製品(ターゲット側)のマイコン(またはプロセッサ)に応じたボードサポートパッケージ(BSP)と組み合わせて利用する。BSPには、デバイスドライバやミドルウェアなどが含まれており、Lineo uLinux ELITEとは別途に提供される。今回発表されたCodeSourcery Editionは、ツールチェーンとしてARMやMIPSプロセッサをサポートする米CodeSourcery製の「Sourcery G++」に対応している。

また同社では、米Intel製の組み込み向けプロセッサ「IXP425」向けのBSPである「Lineo uLinux BSP NOVATEC NTNP425C Basic Edition (IXP425) EB v4.0.0」も同時にリリースする。本BSPは、開発用パソコン(ホスト側)のOSとしてFedora Core 4/6に対応している。ツールチェーンとしては、Sourcery G++ 4.1をサポート。Linux Kernel 2.6.16以降が提供される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル
ドリーム・アーツ、メッセンジャーを追加した多店舗運営支援「Shopらん」
[11:30 8/24] 企業IT