新Amiga上位モデルの仕様が明らかに - PPC 970互換デュアルコアCPUを搭載

 

ACK Software Controlsと米Amigaは7日(カナダ時間)、新しいAmigaコンピュータ2モデルのうち、上位機種の仕様を発表した。CPUには2GHzで動作するPwerPC 970互換デュアルコアタイプが採用されるなど、希望小売価格が1,498米ドルというレンジながら強力なスペックを備えている。主な仕様は以下のとおり。

  • CPUはP.A. Semi製「PWRficient PA6T-1682M」。64bit/デュアルコア、動作クロックは2GHz
  • マザーボードのフォームファクタには、欧州有害物資使用禁止令(RoHS指令)準拠のATXを採用
  • メモリスロットはDDR2 DIMM×4
  • 拡張スロットはPCI Express×3(x16/x2/x1が各1基)、PCI×1の計4基
  • USB 2.0×6
  • 10/100/1000BASE-T Ethernet×2
  • UARTポート×2
  • ブートローダにはU-Bootを採用、オンボードのEEPROM(8MB)に記録
  • Silicom Image SiI3132コントローラ採用のSATA IIポート×4

今回の発表により、新しいAmigaコンピュータ2モデルが出揃ったものの、サポートされるOSについてはコメントされなかった。同じPowerPCベースのAmigaOneプラットフォーム向けには、AmigaOS 3.xの正統な後継としてAmigaOS 4.0が用意されているが、開発を担当したHyperion EntertainmentとAmigaの間で訴訟問題が発生、いまなお解決の目処は立っていない。

人気記事

一覧

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ