米大会の携帯早打チャンピオン、13歳の少女に! 毎月4,000通送信のメール好き

米LG Electronics MobileComm U.S.A.は、QWERTYキーパッドを搭載した携帯電話「the v」または「ENV」で、全米メール早打ちチャンピオンを決するコンテスト「LG National Texting Championship」を開催した。

LG製携帯電話の「the v」

同「ENV」

LG National Texting Championshipは、先月31日に米国ハリウッドのParamount Studiosでスタートし、the v/ENVの契約ユーザーの間で、米西部地区のメール早打ちチャンピオン「West Coast Texting Champion」を決定するためのバトルが繰り広げられたという。

会場では、出場者の頭上に大型のプラズマ液晶ディスプレイが設置され、その画面上に表示される出題文を、一語一句間違えることなく携帯電話で入力し、指定の宛先へとメール送信するまでの時間が競われたようだ。

初代LG National Texting Championに輝いたMorgan Pozgarさん

West Coast Texting Championに輝いたのは、ロサンゼルス出身の21歳女性のEli Tiroshさん。しかしながら、今月21日に米国ニューヨークのRoseland Ballroomで開催された、米東部地区のメール早打ちチャンピオン「East Coast Texting Champion」を決するコンテストでは、ペンシルバニア州のClaysburg在住の13歳少女のMorgan Pozgarさんが優勝。そのまま両チャンピオンによる決勝戦が行われ、PozgarさんがTiroshさんを破って、初の全米チャンピオン「LG National Texting Champion」の座を勝ち取ったとされる。

母親に連れられ、生まれて初めて今回ニューヨークを訪れたというPozgarさんは「今はただ驚きを隠せない。(携帯電話では)毎月4,000通以上のメールを送っているけど、まさか自分が優勝するとは信じられない」と語った。25,000USドルの賞金を手にして「早くショッピングに行きたいな」という可愛らしいコメントも残している。

ちなみに決勝戦の出題文は「Supercalifragilisticexpialidocios! Even though the sound of it is something quite atrocious. If you say it loud enough you'll always sound precocious.」という内容で、Pozgarさんが42秒で送信を完了して優勝したとされている。

人気記事

一覧

新着記事