検索広告、GoogleとYahoo!への集中傾向強まる -- 米調査

 

米eMarketerは、米検索エンジンの有料検索広告市場などを調査した最新レポート「Search Marketing: Counting Dollars and Clicks」の発表を行った。GoogleとYahoo!が圧倒的なシェアを占める中で、今後は新たな広告戦略を築いていくことも提唱されている。

同レポートによれば、昨年の米国内における有料検索広告売上高のうち、Googleの検索広告売上が占める割合は58.7%、Yahoo!の検索広告売上が占める割合は15.0%で、GoogleとYahoo!の米2大検索エンジンで7割以上を独占した。この傾向は年を追うごとに強まっているとされ、今年の米有料検索広告売上高に、GoogleおよびYahoo!の検索広告売上が占める割合は、実に91.9%にも達するとの予測が出されている。

Google(赤)とYahoo!(黒)が米オンライン広告市場にそれぞれ占める割合。2007年は両社合わせると実に91.9%という数字だ

また、米有料検索市場は、全体として今後も順調な拡大を続け、昨年は約69億7,000万USドルの売上高を記録したものの、2011年には約161億5,130万USドルを突破する市場規模にまで成長すると見られている。しかしながら、他分野のインターネット広告市場も急速な発展を遂げていくため、米インターネット広告市場の総売上高に占める有料検索広告の割合は、昨年中に記録した42.5%の比率から、それほど大きく変化することはないようだ。

有料検索市場は順調に成長を続けており、2011年には161億ドルを超える市場になると見られている

検索市場全体も伸びているため、有料検索市場の割合はそれほど大きく変化しないと思われる

なお、eMarketerの上級アナリストとなるDavid Hallerman氏は「米有料検索広告売上の90%以上が、今年は2大検索エンジンに集中してしまうことになるが、この状況が思わぬ副作用を生み出している。たとえば、(GoogleでもYahoo!でもない)いわゆる二番手グループの検索エンジンのマーケティングに、大きな割安感が出てきている。このグループの検索広告では、キーワードへの入札競争が少なくなり、より少額の広告費で幅広いリーチを達成することも可能になる」とコメントした。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー

求人情報