Apple、次期OS X "Leopard"の出荷を10月に延期 - iPhoneを優先

 

米Appleは4月12日 (現地時間)、2007年春を予定していた次期Mac OS X「Leopard」の出荷を10月に延期することを明らかにした。

Appleの発表によると、2007年6月発売を予定している「iPhone」のスケジュールを守るために、Mac OS Xチームからソフトウエア開発やQAのリソースを動員した結果、Leopardのスケジュール変更を余儀なくされた。6月11日~15日に米サンフランシスコで開催されるWWDC (Worldwide Developers Conference) 07で、参加者に最終版に近いLeopardを披露すると共にベータ版を配布する計画だという。なおiPhoneについては、「いくつかの検定テストをすでに通過しており、スケジュール通り6月後半に出荷できる見通し」としている。

人気記事

一覧

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電