声優はいらない?! - 肉声感あふれるニンテンドーDS用音声合成ソフトが発売

 

日立製作所と日立超LSIシステムズは、ニンテンドーDS向けの音声合成ミドルウェア「DS版 Ruby Talk」を開発した。データサイズを抑えながらも肉声感のある高音質な合成音声を生成できることが特徴。本製品は、すでにバンダイナムコゲームスに納入されており、6月7日発売予定のニンテンドーDS用ソフトウェア「山川出版社監修 詳説日本史B 総合トレーニング」などへの採用が決まっている。

同社では以前より、漢字かな混じりテキスト文から、合成音声を生成する組み込み機器向けの音声合成ミドルウェア「Ruby Talk」を発売している。このミドルウェアは、読み上げ速度、音量、アクセントの強さなどのパラメータを調整できることや、自然なアクセントの合成音声を生成できるなどの特徴がある。

今回発表されたDS版 Ruby Talkは、これをニンテンドーDS向けに特化させたものである。ニンテンドーDSではCPUやメモリのリソースの制限が厳しいことから、データサイズを従来の7分の1に抑え、CPUの処理負荷を半分にしている。

日立製作所の中央研究所が高品位知的音声合成技術の提供を行い、データ圧縮のための音声素片データの改良を担当。日立超LSIシステムズは、音声合成エンジンのメモリ使用量の削減及びCPU負荷の低減を行った。

DS版Ruby Talkでは、女性の声が提供される。そのほか、男性や子供の声など、10種類の声種を用意している。日立製作所と日立超LSIシステムズの両社では、ゲームソフトウェアメーカの要望に応じて、声種の追加や新たな声種の作成も進めていくという。

主な仕様は以下の通り。

対象ハードウェア ニンテンドーDS
日本語処理(対応予定) 入力:漢字かな混じりテキスト 出力:発音表記コード
規則合成 入力:発音表記コード 出力:PCM音声データ(16ビット)
合成音 女性音声(話速、音量、声の高さなど10段階指定可能)
サンプリング周波数 16kHz
ROM容量 日本語辞書 1.6MB(対応予定)
音源データ 標準音源:1.2MB、高音質音源:3.7MB
プログラム 規則合成:80KB、日本語処理:100KB(対応予定)
RAM容量 ワークメモリ 500KB
スタック 5KB
CPU負荷 50%以下



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー